2006年01月31日

おちゃめな父

1/28(土)仏滅
我が家の座敷にて。
うちの両親への挨拶が行われた。

「今日はいつもと違う。今日はけじめの日。」と父に言われ緊張は増していた。

うちの両親を待つカレ(スーツ着用)。なんか緊張している様子。
そこへ、まずは父が登場。
父:「あれ?今日As(犬)は?As連れてきたらポイント高かったのに・・(笑)

・・・ラフすぎるよ;

次に母登場。
母:「ごめんね〜。バタバタして。着替えてないけどいい?」

仕事から帰ってすぐとはいえ、ジャージですか?母よ。今日はけじめの日・・・らしいから。

そんな両親もカレが話始めると、いつになく真剣で。
彼:「今言いたい事言えて、それがただの喧嘩じゃなくて言い合うことで二人が向上していける そんな相手だと思っています。
   今一番近くに居て欲しい存在です。助けてもらうこととかももちろんあるとは思いますが、二人で力合わせて幸せになりたいので結婚を許してください。」


父:「・・・・・。ん。わかった。でも、こいつは本当にわがままで、親も呆れるくらいやで大変やぞ。結婚には全然反対はしてないから。」

母も同じようなことを言った。あと、三世帯になることや環境が違うからどうしても意見の相違があるということ。でも、それを話合わなかったら、会話のない家族になってしまうということ。当たり前だけど大事なことを話した。

場も和んできたころ、彼は
彼:「昨日までは全然緊張もなくて、自分の思ったことをそのまま言葉にしようと思ってたんですが、今日になって急に緊張して、会社で紙に書いたり落ち着きませんでした^^;」
と言った。
母:「パパも昨日から何言おうか悩んでたなぁ?」
私:「とりあえず一回断ってみたかった?」
父:「うん。うちの娘はお前なんかにやらん!って言おうかと思ってた。結局、言えんかったけど;一回は言ってみたかったなぁ。」

パパリン。テレビの見すぎです!

というわけで、無事両家の両親に挨拶が終わりました。
次は日取りと式場候補を決めなくては。
早速、今日知り合いのウェディングプランナーのところへ行ってまいります。
posted by AZU at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Love and Marriage | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12548538

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。